だがしかし1
©2018 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子2

1海外在住名無し(北欧)
ほたるは何歳?ひょっとして25歳手前位なのか?大学生くらいに思ってた。

2海外在住名無し(アジア)
駅の待合室で再会したとき、お菓子の女王再びという雰囲気だったな。

3海外在住名無し(米東海岸)
ほたるの魅力がパワーパップしてるよな、新しい衣装も魅力をより強調させてくれていた。
ココノツが惚れるのもわかる。

4海外在住名無し(南欧)
ベーゴマを草むらで探すホタルの尻に見とれるココナツ、てっきりほたるが気が付いて蹴飛ばすと思った。彼女は捜索に夢中でより刺激的に楽しませてくれた。
サヤ師の気が付きは早かったね、女性はやっぱり男性の目線がどこに行くのが熟知している。

5海外在住名無し(オーストラリア大陸)
ほたると熟した魅力と対局なサヤ師も好きだ!スマートな女の子でココノツの事が大好きなのに・・・
ココノツは、ほたるの方がすきなんだろうな。


だがしかし2
出典:YouTube

6海外在住名無し(米西海岸)
「たらたらしてるんじゃねーよ」ってお菓子が日本にあることを知って、ライトノベルのタイトルみたいだと思った。
でも、サヤ師も知らなかったくらいマイナーなんだな。

7海外在住名無し(米東海岸)
洋さん1話でいきなり脱落、小指骨折で入院かよwwww
シカダ駄菓子店貧乏なのに、入院させてもらえる日本の医療費の安さに羨ましさを感じる。

8海外在住名無し(地中海)
8話の「恋人っすか」ってとこで照れるサヤ師がかわいいな。あのこし振りダンスはキュートすぎるwww

9海外在住名無し(南欧)
comicガールズのルッキーやつーちゃんは同い年で連載してるというのに、ココノツは何をやってやがるんだ!
ほたるが持ってたスーパーマリオくんガム、任天堂の本場だけあってユニークなコラボお菓子出てるじゃん!

10海外在住名無し(北米)
もっと早くハジメちゃんと出会いたかったな。たった4話じゃ短すぎるよ!
3期はやくしてほしいね。

だがしかし3
出典:YouTube
11海外在住名無し(アジア)
パソコンでホームページ作れたり、スーパーボールの作り方知ってるのにポンコツだよな。
不健康とは思わせないスタイルの良さはほたると互角か?

12海外在住名無し(北欧)
酔っぱらってココノツをホールドするハジメ、「私をそんな目でみてる」って無頓着なようでわりとココノツを意識してるよな。
原作で先に見た時ヒロイン交代かとヤキモキしてしまった。

13海外在住名無し(南米)
バイト初日で、サヤが来るまで昼寝してなんだこの女はと思ってしまった。
スーパーボールを作ってあげた時、手で完全な丸を作れるなんて天才。

14海外在住名無し(米東海岸)
大きなケーキは予約でないと売れないのか、こっちのスーパーではでかいシートケーキ売ってるぞ。
モールと比べるのはナンセンスだったけど。あと日本のコンビニは二次元の可愛い女の子が載ったポルノ雑誌も売ってるんだね。うちの近所は二次元表紙ポルノは売ってない。

15海外在住名無し(地中海)
ほたるはまだ串をココノツに預けたまま、物語はまだ続きそうだね。原作は終了した。
アニメ第三期も期待してるぞ!
また日本のユニークなお菓子を見せてほしいな。
youtube、Twitterなどから編集を行い記事をまとめております。


だがしかし(11) (少年サンデーコミックス)

スポンサードリンク