ガイコツ書店員本田さん6-1
©本田・KADOKAWA /ガイコツ書店員本田さん製作委員会



1海外在住名無し(西欧)
日本の便乗はうまいからね。クリスマスなんかもうまーく便乗されてるよw



2海外在住名無し(北米)
魔術師係長、戦闘力は53万かな?



3海外在住名無し(米西海岸)
鬼太郎の原作者が亡くなったのは2015年だから、このネタ3年前なのね。

4海外在住名無し(南欧)
ケンドーマスクさんがやって来たね。流通課?本って出版社から届くんじゃなかったの?
本田さんの本屋にも流通課があるって何の流通になってるんだ?
ガイコツ書店員本田さん6-2
©本田・KADOKAWA /ガイコツ書店員本田さん製作委員会




5海外在住名無し(南米)
なんかビッグザ武道みたいなのが出てきたなw
パワーもあるしなおさらそう見える。



6海外在住名無し(東欧)
コミック売り場をたった数カットで完全掌握するとは・・・
コミック売り場全女子より女子力高くて、男子を全員犬いたのか・・・・



7海外在住名無し(アジア)
フェアの苦労はやっぱりアイドル関係が、女性は男性よりこういうの必死だからね。
しおりを壊すほど握るこのシーンは笑えるなw
ガイコツ書店員本田さん6-3
©本田・KADOKAWA /ガイコツ書店員本田さん製作委員会



8海外在住名無し(北欧)
あの爺さんが買いに来た水木じげるの侍モノは隠れた名作なのかい?TVアニメで悪魔くんや鬼太郎は見たことあるから妖怪ものばかり書いてるのかと思った。なんてタイトルなのだろう?



9海外在住名無し(北米)
自分が子供の頃よんだコミックがまだ店頭にならんでいるとどこかうれしい気持ちになる。
この爺さんも長く生きてるからこそこういう思いが強いのだろう。



10海外在住名無し(地中海)
嘘だろ?細胞のフェアは仕組まれていたのか・・・
それも、出版社によって・・・
ガイコツ書店員本田さん6-5
©本田・KADOKAWA /ガイコツ書店員本田さん製作委員会





11海外在住名無し(オーストラリア大陸)
売れる作品にフェアを打つと一般人もかってくれる可能性がupするんだよ。
けっこう何も考えず本屋を訪れる人は多い。



12海外在住名無し(米東海岸)
アメコミのポスターは、わざわざ書店でPRしなくてもオブジェとして販売しているからね。フェアをやるなら買ってきてはりなよ。



13海外在住名無し(東欧)
フェアの準備をしてる時って何故かワクワクするんだよね。これは同意できる。
私のブックセンターもクリスマスの飾り付けをもうすぐやることになるので楽しみで仕方ない。まあ忙しいけどさ。

ガイコツ書店員本田さん6-4
©本田・KADOKAWA /ガイコツ書店員本田さん製作委員会




14海外在住名無し(アジア)
とらのあなに行ったらものすごく上手なイラストホップが店員さんによってつくられていた。
日本にはPOP職人でもいるのかな?



15海外在住名無し(西欧)
本田さんのはだしで逃げ出したくなるフェア恐るべし。
書店員本田さん、毎週マニアックな情報をありがとう。


感想用いらすとや
フェアといえば印象に残ってるのは富士見書房のファンタジア文庫フェア。ロストユニバースを買ってしおり貰ったな~byならはし




ゲゲゲの鬼太郎(9) (講談社コミックス)

新品価格
¥540から
(2018/11/12 22:36時点)

ゲゲゲの鬼太郎 CHARACTER BOOK ねこ娘大全 (文春e-Books)

スポンサードリンク