ガイコツ書店員5-1
©本田・KADOKAWA /ガイコツ書店員本田さん製作委員会



1海外在住名無し(米東海岸)
また市民運動か、日本は表現の自由が憲法で保障されていても規制しようという活動家が多すぎる。そういう活動家は一部の憲法を守れという活動にも参加しているわけが分らない。



2海外在住名無し(北欧)
これが石原都知事の残した負の遺産か・・・オリンピックが控える今だからこそピリピリしてるのかもな。



3海外在住名無し(地中海)
ゾーニングすれば販売可能なんだろう?スペース的な問題はあるのだけどしっかりゾーニングできてればいいじゃないか?有害図書指定食らうと実質作家も収入が減っちゃうのに。

4海外在住名無し(オーストラリア大陸)
ブラジルの人の疑問分る。でもコストを考えると日本の漫画は安いよね。
雑誌でもあんなに一生懸命書いてるのに270円だよね?漫画家にはスト権での値上げ交渉できないのかな?
ガイコツ書店員5-2
©本田・KADOKAWA /ガイコツ書店員本田さん製作委員会



5海外在住名無し(西欧)
本田さんのブックセンターがいつも大繁盛している。外国人の集団購入で棚空っぽはすごいよな。
日本最大のブックセンターかもしれない。



6海外在住名無し(地中海)
本田さんのボディーランゲージを用いたEnglishがちょっと素敵に見えてくる。
一生懸命な本田さん素敵♪



7海外在住名無し(米西海岸)
こみっくがーるず第4話と合わせてみたら表裏の苦労とかがわかって面白かった。
向こうはイベントだから売れ残りは無くていいね。ただ電話は爆発するんだなw
ガイコツ書店員5-3
©本田・KADOKAWA /ガイコツ書店員本田さん製作委員会



8海外在住名無し(南欧)
つぶやくやつって淡い表現が好きだわw確かにTwitterは、つぶやく側が油断するだけの要素満載なんだよね。あの文字数と手軽さがその油断を産んでるんだよな。



9海外在住名無し(東欧)
サイン本って全部書店の買い取りだったのか。そりゃ数に限りあるわね。5話になってまだああそうなんだって思わされる描写が多い。



10海外在住名無し(米西海岸)
お金足りないよwwwwww買い占めに来ちゃってるwwww
税関で没収されてしまえwwww
ガイコツ書店員5-4
©本田・KADOKAWA /ガイコツ書店員本田さん製作委員会





11海外在住名無し(オーストラリア大陸)
BLの品揃えすげえ!どれだけBL人口多いんだこの国は!?
巨大ブックセンターニッポン万歳!



12海外在住名無し(南米)
こりゃうかうか興味本位で行ったら、便所で掘られるんじゃねーか?



13海外在住名無し(西欧)
どこの国にも暇人はいるんだな、と思ってしまう。
こういう電話の意見が保護され過ぎてしまってるんだよね。
ガイコツ書店員5-5
©本田・KADOKAWA /ガイコツ書店員本田さん製作委員会



14海外在住名無し(アジア)
義憤する人は日本に多いよ。クレームでCMが止まったり休刊に追い込まれた書籍もある。最近は義憤を持った人々がSNSに集結して出版を阻止した事例もある。



15海外在住名無し(北米)
転生したら全裸だったwwwwそれは異世界のオッパイですからwwww
ソフトなイカレセリフいいわ~



感想用いらすとや
第五話はいつもにましてぶっちゃけた話題が多かった気がします。Byならはし

今回の記事はYouTube、Twitter、各種掲示板より抜粋編集を行いました。


笑う書店員の多忙な日々 (メディアワークス文庫)

新品価格
¥659から
(2018/11/5 23:18時点)

性表現規制の文化史

新品価格
¥1,944から
(2018/11/5 23:20時点)

スポンサードリンク