転スラ2-1
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会


1海外在住名無し(北欧)
ベルドラはしばらくお休みか、早く外に出てリムルと共闘できたらいいな。



2海外在住名無し(南米)
おお!帝国を始め諸国のくさびをリムルは引きはがしてしまったのか。そりゃ帝国も攻勢をかけてくるわな。この後は各国勢力が戦国時代にでも突入するのだろうか?



3海外在住名無し(地中海)
この世界では、洞窟に入った女の子は慰物にされないのか。よかった!



海外在住名無し(米西海岸)
ベルドラの解放を頑張るのか、チョロゴンだけど戦力になれるかな?
リムルが洞窟徘徊するだけでカービィー並みに技を習得していくんだな。
転スラ2-3
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会



5海外在住名無し(オーストラリア大陸)
水刃って自分の水分飛ばしてるのか、空気中の水分飛ばしているのかどっちなんだ?
外から集めてたら段数無限だな。毒霧吐息は大集団を単体で相手するにはいいけど封印か。



6海外在住名無し(南欧)
声が出せるようになるとかそういう部位まで獲得できるのか、このスキルすごいなあ。



7海外在住名無し(米西海岸)
人間サイドはまだ登場時間が短いからどういう方向に進むかわからないけど、リムルは人間国家を次々制圧していく野心はなさそう。


転スラ2-2
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会



8海外在住名無し(西欧)
なんかワンピースの初期みたいな物語の進行で面白いなー。
2クールもやるみたいなのでかなり物語を楽しめそう。



9海外在住名無し(アジア)
国家間の勢力が特徴を出して来たらファイヤーエンブレムたいになりそう。




10海外在住名無し(米東海岸)
この世界のゴブリンは、もっと知性が発達してるんだね。そして人間と魔物の中立みたいな立場なのかな?
転スラ2-4
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会





11海外在住名無し(地中海)
リムルが野心家だったら、やっぱり大国を作るために戦力を整え独裁者の道を歩むんだろうな。軍隊とか編成しだしたらどうしよう。



12海外在住名無し(東欧)
この世界の人間や魔族は、遠く離れた場所でもオーラーを感じることができるんだね。
ベルドラの消失を察知してニュースとかすごいなあ。



13海外在住名無し(北米)
リムル大帝を目指すべく、まずはジュラ周辺の村々を手に入れるんだろうか?
小さいけど早速、集落領土と住民の服従を約束させるとは・・・

転スラ2-5
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会




14海外在住名無し(地中海)
餓狼族ってまんま狼の群れなんじゃないのか?
スライムの戦い楽しみだな。




15海外在住名無し(南米)
リムルは自分の領土を防衛し今後国創りを進めていけるのか?次回の話も楽しみ。


今回の記事はYouTube、Twitter、各種掲示板より抜粋編集を行いました。






転生したらスライムだった件 ライトノベル 1-13巻セット

新品価格
¥14,040から
(2018/10/10 20:35時点)

転生したらスライムだった件 コミック 1-9巻セット

新品価格
¥5,896から
(2018/10/10 20:36時点)