ちおちゃんの通学路6-3
(C)川崎直孝/KADOKAWA/ちおちゃんの製作委員会


1海外在住名無し(米東海岸)
やっぱり日本のアニメは変態じゃないと面白くない!今回も笑わせてもらったぜ!



2海外在住名無し(西欧)
「女子高生を触れるのは女子高生だけ」
没落の果てに何かを見出したようだなこのおっさん。



3海外在住名無し(東欧)
前半パートがいきなり狂気の尻揉みENDとはな。
ユキも久々に出番があったけど、素晴らしい聖人だったわ。
4海外在住名無し(オーストラリア大陸)
自由な表現を認める環境が様々な作品を産む。日本はサブカルチャーにとって良質な環境であると考えます。海外でhentaiという言葉が通じるようになりましたが、これは蔑視の意味だけでなく評価ではないでしょうか?もし、蔑視のみなら日本語は与えられず、別の英単語で表現されるでしょう。



5海外在住名無し(アジア)
ちおによって一人の女子高生が、変態へと覚醒してしまう罪深い話だった。
カバティの能力は初期とは比べ物にならない。
強くなるためには何か大切な物を犠牲にしなければならないことが分かったよ。
ちおちゃんの通学路6-2
(C)川崎直孝/KADOKAWA/ちおちゃんの製作委員会



6海外在住名無し(北欧)
まどかをユキに任せて逃走すると思いきや、マナナに襲い掛かるという尻エンドに老師が覚醒するというボリュームが凄まじいなあ。老子は再び警察に拘束されたことを思わせる。



7海外在住名無し(北米)
ちおはもうパンツを見せることに躊躇しなくなってしまったな。
マナナロケットを打ち出す優秀なちおカタパルトが笑える。マナナの対応力もすごいよなw



8海外在住名無し(地中海)
ちおは後先考えずに動くことが多いんだな。橋を握力だけで渡り切ろうなんて無謀だろw



9海外在住名無し(アジア)
マナナのゲスっぷりが見られる回だと思ったら、わりと友情もあった。
怒られたちおが泣いちゃうシーンは可愛いな。



10海外在住名無し(南欧)

ちおとマナナが本当の親友なんだろうな。マナナ初パンチラもあったし、この2人の魅力がわかったような気がする。
ちおちゃんの通学路6-1
(C)川崎直孝/KADOKAWA/ちおちゃんの製作委員会




11海外在住名無し(米東海岸)
老師の若い頃がすげえ実松さんに似ててびっくりしたわ。次回はまた新キャラが出るので楽しみだね。



12海外在住名無し(南欧)
マナナのあんたが大嫌いなこの世界で汗流して生きている人間が一番偉いんだ!って何気に名言だよな。



13海外在住名無し(西欧)
後半は途中までいい話だったのに、最後がクズだった。



14海外在住名無し(南米)
ちおちゃんが馬鹿なのか賢いのかわからなくなってきたな。



15海外在住名無し(米西海岸)
ちおちゃんの泣き方が子供みたいで面白かった。てっきり柵が壊れて2人とも川に落ちると思ったのに。

今回の記事はYouTube、Twitter、各種掲示板より抜粋編集を行いました。

ちおちゃんの通学路 9 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

新品価格
¥702から
(2018/8/13 01:33時点)

ちおちゃんの通学路 B2タペストリー A ティザービジュアル 728×515mm

新品価格
¥3,090から
(2018/8/13 01:36時点)